認定事業

ホーム動物看護師の方へ認定事業

JVNA認定資格「臨床栄養指導 認定動物看護師」および「パピーライフ指導 認定動物看護師」呼称についてのお願い

2022年5月1日に愛玩動物看護師法が施行され、動物看護の新たな未来に向けての一歩が踏み出されました。それに伴い、本協会の「臨床栄養指導 認定動物看護師」、「パピーライフ指導 認定動物看護師」の資格認定制度につきましても変革のときを向かえております。

愛玩動物看護師法第42条及び法附則第6条の規定により、名称の使用制限とそれにかかわる6ヵ月の経過措置期間が2022年10月31日をもって終了となります。現在、本協会では新たな専門認定制度の整備に向け準備を進めております。

つきましては、2022年10月31日以降、当面の間は「臨床栄養指導 認定動物看護師」「パピーライフ指導 認定動物看護師」の呼称を下記の通りとさせていただきたく存じます。会員の皆様におかれましては、くれぐれも法の規定に反することのないようご留意くださいますようお願い申し上げます。


臨床栄養指導 認定動物看護師1級 → 『動物臨床栄養アドバイザー1級』

臨床栄養指導 認定動物看護師2級 → 『動物臨床栄養アドバイザー2級』  

【ご注意】

・本協会の正会員継続がなされない場合、各資格は失効となります。

・2級取得後、5年以内に1級取得がなされない場合、2級資格は失効となります。

・2021年度をもって2級試験の実施は終了しています。

・2026年度をもって現行の1級試験の実施終了を予定しています。

パピーライフ指導 認定動物看護師 → 『パピーライフ アドバイザー』

【ご注意】

・本協会の正会員継続がなされない場合、資格は失効となります


 両資格とも認定証および認定カードの再発行はいたしません。あくまでも愛玩動物看護師国家資格取得までの移行措置期間中の対応となります。

 なお、新制度につきましては現任者の国家資格移行措置期間終了を目処に、決定次第、本協会公式WEBサイトを通じて公表してまいりますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

「臨床栄養指導 認定動物看護師」認定制度について

動物と飼い主がより良い関係を築くために、
栄養指導は動物看護師の重要な役割の一つです。

JVNAでは2010年より動物看護の質と動物看護師の専門性を高めることを目的として、「臨床栄養指導 認定動物看護師」の資格認定制度を行っています。

本制度は動物看護師に必要な「動物栄養学」の専門的知識、臨床現場における栄養指導と動物看護の技術を有することを審査し認定する制度です。

動物病院に来院する動物に適切な栄養指導を行うには、犬と猫で必要な栄養素の違い、健康を保つためのライフステージ別の栄養管理、疾患別の食餌管理、ペットフード安全法等、専門知識を確実に身につける必要があります。的確なアドバイスを行える動物看護師は飼い主の信頼を得る事ができ、飼い主から動物に関する相談を受けやすくなることで、動物の健康を守ることにつながります。

本資格の取得により動物看護の水準を高め、動物看護師が飼い主と共に動物の健康と福祉の増進に寄与することを目指します。

愛玩動物看護師の第1回国家試験を来年度に控え、認定事業では新制度改革を予定していることを昨年度からご案内しておりましたが、その最初のステップとして、現在2段階での資格認定となっているもののうち、2級試験については2021年度をもちまして終了することとなりました。

新制度改革によってさらに多くの動物看護師の方々が自身のキャリアアップのため本資格取得を目指していただけるように、そして、認定者の方にはさらに広く活躍できる場を提供していき、全ての動物看護師の方々の憧れの的になっていただけるような、魅力のある制度を作ってまいりたいと考えております。どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。

「パピーライフ指導 認定動物看護師」認定制度について

動物病院に来院した動物と飼い主に、これから動物と人が健康で幸せに過ごせるためのアドバイスができていますか? 動物と初めて暮らす方は、悩みや心配は尽きないものです。聞きたいことはあるけど、忙しく動いていると飼い主側から声を掛けにくいこともあります。

飼育指導のプロとして確かな知識と技術の認定を取得し、自身の専門性を高めることにより積極的に飼い主の悩みに耳を傾け良き相談者となり動物看護師としての信頼度アップに繋げませんか。

 JVNAでは動物看護師の専門認定の第2弾として2011年より「パピーライフ指導 認定動物看護師」の資格認定制度を行っております。本資格は動物を新たな家族として迎え入れた方に、まず出会う動物のプロとして健康管理の仕方、幸せな関係の構築、適切な生活環境の整備等をアドバイスできることを目的としております。幼少期より適切なアドバイスを受けることにより、病気の早期発見、問題行動の減少に繋がり、健康で豊かな一生を過ごすことができるようになります。

本資格の取得は、成長期の栄養管理、獣医学に基づいた行動学、予防やしつけの必要性、動物に関する関連法規など、仔犬・仔猫との生活に必要な知識を身につけ、指導を的確に行えることを目指します。

仔犬・仔猫には成長期に必要な栄養、社会のルール、人と共に健康で長く幸せに暮らしていくための学習など、動物と飼い主がより幸せに生活するために、飼い主の理解が必要な事はたくさんあります。

適格な指導を行うためには、動物看護師自身、正しい知識を身につけることが必要です。

 仔犬・仔猫の時期から家族と共に動物の健康と福祉の増進に寄与することで、社会的にも信頼される動物看護師を目指しましょう!!

受験・認定試験の流れについて

試験の申し込み(申し込み書提出+入金)

受験票送付

認定試験

結果通知

認定登録

資格の認定・更新条件について

*平成29年6月に更新条件を追加・変更しました。セミナー等に参加が困難な方のために動物看護師向けWEBセミナーやセミナーテキスト・DVD等の購入による学習も継続学習の対象となりました。 資格取得者の方はご確認をお願いいたします。

【認定資格保持条件】

認定資格の保持には、継続して本協会の正会員であること。

【栄養2級認定保持条件】

2級認定資格の保持には、本協会の正会員を継続し、認定資格有効期限内に1級を取得すること。

※認定資格有効期限内に退会した場合は認定資格の失効となりますのでご注意ください。

※認定資格有効期限内に1級を取得されない場合は失効となります。2級の更新はできません。

【栄養1級認定・パピーライフ認定更新条件】

認定資格保持条件を満たした上で、手続期日内※1に以下①~③の手続きを行うこと。

  • ① 継続学習実績ポイント申告表の提出(5ポイント以上取得)※詳細は継続学習実績ポイント取得方法について
  • ② 新しい認定カード用証明写真の提出(カラー・縦3.0×横2.4・上半身・脱帽・正面向き・背景無地・6か月以内の撮影・裏面に氏名記載)
  • ③ 認定更新料(3,000円)の納入※2

※1 認定資格有効期限の最終年度に手続きの期日を記載した更新案内のご案内を送付致しますので、申告表・写真の提出や認定更新料の納入につきましては、ご案内到着までお待ちください。

※2 一度納入されました認定更新料は原則返金いたしかねますのでご了承ください。

提出書類は返却できませんので、各自でコピーをとり、お手元に大切に保管をお願いいたします。

継続学習実績ポイント取得方法について(PDF)※2021年10月20日一部改訂
対面式からWEB開催に変更されたセミナー等に関するポイント計上方法について 継続学習実績ポイント申告表 記入例 ※2022年9月21日一部改訂

【ポイントの貯め方】

ポイント申告表は更新時までご自身で管理お願いします

  • ・ポイント等は「継続学習実績ポイント申告表」へご記入ください。参加証等がある場合は、参加証またはネームタグ(コピー可)を併せてご提出ください。
  • ※本件のポイント等についてセミナー主催団体へのお問い合わせはご遠慮ください。ご不明な点は本協会事務局までお問い合わせください。
  • ※「継続学習実績ポイント申告表」の用紙は下記よりダウンロード可能です。
  • ※継続学習実績ポイント申告表に記載の際は、すべての項目を記入してください。未記入の項目がある場合、そのセミナーポイントは加算されません
【臨床栄養指導 認定動物看護師 1級】 継続学習実績ポイント申告表(PDF)※2022年9月21日一部改訂
【パピーライフ指導 認定動物看護師】 継続学習実績ポイント申告表(PDF)※2022年9月21日一部改訂

↑ページの先頭へ戻る