伴侶動物医療現場におけるCOVID-19の影響に関する アンケート調査へのご協力のお願い(酪農学園大学 獣医疫学ユニット)

ホーム新着情報 ≫ 伴侶動物医療現場におけるCOVID-19の影響に関する アンケート調査へのご協力のお願い(酪農学園大学 獣医疫学ユニット)

COVID-19は世界中で、人々の暮らしと健康に大きな影響を与えています。日本ではこれまでに伴侶動物医療現場におけるCOVID-19の影響について定量的な調査研究がされていません。そこでこの影響を把握、記録し、公表することで動物医療現場での本病対策に役立ててもらうことを目的に、Google Formを用いたオンラインでのアンケート調査を実施いたします。

酪農学園大学 獣医疫学ユニット

アンケートはこちらから

※本調査は無記名自記式調査にて行います。得られたデータにより個人・機関名が特定されることはありません。得られたデータは酪農学園大学内のみで扱い、本研究の目的以外では使用しません。電子データは5年間保存し、保存するコンピュータから期間経過後に完全に消去します。
回答時に、調査への参加協力同意をいただきます。同意は協力者の自由意志によりご決定頂き、拒否できることを保証します。調査参加への謝礼は用意してありません。
本研究計画は、酪農学園大学人を対象とする医学系研究倫理審査委員会の承認を受けております(承認番号:20-6)。
 本研究の研究成果は、2021年9月に開催予定の獣医学会およびその後の学術誌の紙面にて公表する予定です。個人情報の保護について十分に配慮し、研究成果の公表で個人や機関名が特定されることはありません。


↑ページの先頭へ戻る