日本動物看護職協会について

ホーム日本動物看護職協会について

活動理念

動物看護に関する学術及び教育の発展、動物医療における動物看護職の職域の確立を図ることにより、動物の健康と福祉の増進及び国民の健康と福祉の向上に寄与することを目的とする。

日本動物看護職協会の設立にあたって

近年、動物看護師を称する総人数は約2万人規模と言われています。
しかし、動物の健康と国民のために従事する専門的な職業であるにも関わらず、未だに公的資格とは成っていません。
そのような現状の中、動物医療レベルの向上のためと国民からの社会的要求の高まりを受け、平成21年4月動物看護師の職能団体、一般社団法人日本動物看護職協会が設立されました。
当協会は「動物看護者のための倫理綱領」「動物看護者の業務指針」などを発表し、動物看護師を職業的、学問的、社会的な観点から考え、支え、応援して日本の動物看護師のために道を切り開いて来ました。

そして、平成23年9月、動物看護師統一認定機構が設立され、それまで統一した資格が存在しなかった動物看護師が、動物看護に対して必要な知識と技術を保持していると認められた場合、「認定動物看護師」として全国的に統一した資格を認定することになりました。
当協会は動物看護師統一認定機構の事務局も担い、これからも、動物看護師の公的資格化に向けて働きかけて行きます。

しかし、公的資格化を目指すためには動物看護師が真の専門職となることが必要です。そのために、当協会はより良い動物看護を行なうため、更に動物看護技術と知識の向上に努め、まだ確立されたとは言えない、日本の動物看護学の確立に向けて、今後も、学習や研究の機会提供や促進を行なって行きます。
当協会は、動物看護師をはじめ、動物看護師をめざす者の教育から、動物看護師の未来を考える協会であり、実際にどのようなプロセスで実現させていくのかを考え実行していく会であります。

動物看護師という職業が専門職として確立し、長く誇りを持って働き続けられる環境をつくるためには、この職業の重要性を広く社会一般に働きかけることが必要です。
多くの動物看護師の皆さんが自分自身の問題と 自覚し、当協会の支部会活動などにご協力頂き、横の繋がりを強化しながら当協会に参加して頂くことを強く望みます。

協会概要

組織名 一般社団法人 日本動物看護職協会
Japanese Veterinary Nursing Association
事務局

〒114-0015
東京都北区中里1-15-4 情報館3階
TEL : 03-5834-7758
FAX : 03-5834-7759
E-mail : jvna@jvna.or.jp

【事務局営業時間】平日9:00~17:00(土日祝日は休業日)

※夏季・冬季休暇などについては随時HPにてお知らせいたします。

沿革

2005年 農林水産省 「小動物獣医療に関する検討会」において
「獣医療補助者について」検討・とりまとめ
2006年 日本獣医師会「動物診療補助専門職検討委員会」 発足
2008年 2月 動物看護職全国協会準備会 発足
2009年 1月 日本動物看護職協会発起人会 発足
2009年 4月 一般社団法人 日本動物看護職協会 設立
2009年 5月 設立総会(東京大学 弥生講堂)
2009年 6月 会報誌「NEWS LETTER」第1号 発行
2009年12月 「動物看護者の倫理綱領」発表
2010年 6月 平成21年度 活動報告 発行
2010年 8月 農林水産省における平成32年度を目標年度とする「獣医療を提供する体制の整備を図るための基本方針」に「小動物分野、産業動物分野等の獣医療現場において獣医師と動物看護師などの獣医療に携る他分野専門職との連携の必要性と、動物看護師の地位や身分の確立、動物看護師に必要な知識・技能の高位平準化の必要性」が明記
2010年12月 「臨床栄養指導 認定動物看護師」 認定試験 開始
2011年 4月 「動物看護倫理事例集vol.1」発行
2011年 4月 「動物看護業務に関する行動指針」発表
2011年 9月 動物看護師統一認定機構 設立
(2016年2月一般財団法人化)
2011年10月 「第1回 動物看護大会」 開催
2012年 3月 「パピーライフ指導 認定動物看護師」 認定試験 開始
2012年12月 『動物看護師による動物看護用語500』 初版発行
2012年 4月 動物看護師統一認定機構 認定 「認定動物看護師」 誕生
2013年 8月 動物の愛護及び管理に関する法律の一部を改正する法律(平成24年公布)の附帯決議において「動物看護師については、本法の改正に伴い業務量が増大することが予想される獣医師の補助者として果たすべき重大な役割及び責任に鑑み、将来的な国家資格又は免許制度の創設に向けた検討を行うこと」が盛り込まれた
2014年11月 自由民主党「ペット関連産業・人材育成議員連盟」発足
2015年 3月 動物看護者の倫理綱領」第2版発行
2015年 7月 事務局を東京都港区から東京都北区へ移転
2017年 2月 認定動物看護師地位向上推進協議会 発足
2017年10月 自民党政権公約2017、公明党Manifesto2017にて小動物の動物看護師の将来的な国家資格化または免許制度の創設に向けた検討を行うことが明記された
2018年 5月 動物看護師国家資格化推進委員会 発足
2018年6月 公明党「動物看護師」の公的資格化検討プロジェクトチーム発足
2019年 2月 超党派「愛がん動物を対象とした動物看護師の国家資格化を目指す議員連盟」 発足
2019年 6月 7日「愛玩動物看護師法」衆議院環境委員会 全党一致で可決 ※
2019年 6月 13日「愛玩動物看護師法」衆議院本会議 全会一致で可決 ※
2019年 6月 20日「愛玩動物看護師法」参議院環境委員会 全党一致で可決 ※
2019年 6月 21日「愛玩動物看護師法」参議院本会議 全会一致で可決 ※
第百九十八回通常国会にて成立
2019年 6月 28日 官報 号外第51号「愛玩動物看護師法」 公布
「愛玩動物看護師」として国家資格化することが決定

※衆議院環境委員会・衆議院本会議については、「衆議院インターネット審議」、参議院環境委員会・参議院本会議については「参議院インターネット審議」にて、開会日と会議名を検索してご覧いただけます。

定款

一般社団法人日本動物看護職協会 定款 平成30年6月24日改定

役員構成

一般社団法人 日本動物看護職協会 役員
(令和元年6月30日 第十一回定時代議員総会承認)
会長 横田 淳子 (横田動物病院)
副会長 遊座 晶子 (学校法人つくば文化学園 つくば国際ペット専門学校)
副会長 中村 陽子  (動物メディカルセンターグループ)
理事 飯田  優(山本) (日本ヒルズ・コルゲート株式会社)​​
梅田 麻実 (学校法人ヤマザキ学園 ヤマザキ動物専門学校)
佐藤 淳平 (イオンペット株式会社 イオン動物病院 東雲)
羽生 千明 (学校法人宮﨑学園 大阪ペピイ動物看護専門学校)
原田 民美(小田) (日本獣医生命科学大学)
中川 佳代子 (学校法人工藤学園 愛犬美容看護専門学校)
望月 章史 (王禅寺ペットクリニック)
前田 夕佳 (学校法人野上学園 神戸ブレーメン動物専門学校)
永井 洋美 (ながいペットクリニック)
吉原 和代 (ASAP動物病院 田川分院)
監事 太田 光明 (東京農業大学)
酒井 敏彦 (公認会計士)
渋谷 寛 (弁護士)

 


↑ページの先頭へ戻る