北海道・東北支部セミナー『看護師の血液塗抹評価~ここまでは看護師、ここからは獣医師~』開催報告

ホーム北海道・東北支部セミナー『看護師の血液塗抹評価~ここまでは看護師、ここからは獣医師~』開催報告

北海道・東北支部セミナー
『看護師の血液塗抹評価~ここまでは看護師、ここからは獣医師~』
開催
報告

91(日)、北海道獣医師会館にてアイデックス・ラボラトリーズ株式会社の小笠原 聖悟先生による
「看護師の血液塗抹評価 ~ここまでは看護師、ここからは獣医師~ 」という演題で動物看護師セミナーが開催されました。

国家資格化に伴い動物病院での動物看護師の検査業務の増加が予想される中、80名を超える多くの動物看護師の皆さまに参加していただきました。
本講義では血液塗抹標本の正しい作成方法を動画を用いて教えていただく場面もあり、皆さまとても熱心に聴講されていました。

血液の量、当てる角度、押すスピードにより塗抹を長く引くことができ、それによりフェザードエッジ、カウンティングエリア、ボディと呼ばれる領域ができ、見たいものにより鏡検する部位を変えるということや、その為には押しガラス法が推奨されているということも教えていただきました。

また、顕微鏡の使い方や手入れの仕方、さらに白血球、赤血球、血小板の観察方法についてのお話があり、特に白血球の百分比については好中球と単球の違いの見分け方などを詳しくご講義いただきました。

途中で行われたミニテストの解説部分では所々で歓声があがるなど会場の雰囲気は大変盛り上がっていました。

病院ごとで動物看護師に任される業務内容は違いますが、動物看護師がやるべき範囲を教えていただくことで今一度業務を見直す良いきっかけとなった、とても有意義なセミナーとなりました。

 

参加された皆さま本当にありがとうございました!
また、まだ参加したことない皆さまも
次回お会いできるのを楽しみにしています!

支部長の池田と副支部長の東です

↑ページの先頭へ戻る