中四国・九州支部 第1回動物看護師セミナーin鹿児島 開催報告

ホーム中四国・九州支部 第1回動物看護師セミナーin鹿児島 開催報告

中四国・九州支部 第1回動物看護師セミナー in鹿児島
「糖尿病ケアマスターへの道!」 開催報告

2019年9月1日(日)鹿児島市にて令和初のセミナーを開催いたしました!
「ぜひ鹿児島で開催してほしい!」との熱い要望を実現しました。
19名の参加者は、意外にも半数が鹿児島県外からの参加となり、動物看護師の意欲の高さもうかがえました。

◆第1部:セミナー「猫の糖尿病管理について」

ベーリンガーインゲルハイムアニマルヘルスジャパン株式会社小松浩之先生によるセミナーは、
インスリン製剤の特徴や治療効果だけにとどまらず、飼い主への指導内容にも及び、
たいへんわかりやすくお教えいただきました。

◆第2部:ワークショップ「動物看護過程を考えてみよう」糖尿病編

「動物看護過程」という一見かしこまったツールを「糖尿病を持つ犬と飼い主」の事例を通して活用してみようという試みを行いました。
事例紹介と動物看護過程のガイダンスの後に、各自で動物看護計画を立案してみました。
頭の中では分かっていることも、イメージだけでなく文字に起こすのは意外に難しく「新人動物看護師へこれを指導するのは何か系統だった取り組みが必要?」という投げかけになりました。
その後は5つのグループに分かれ、みなさんの意見を出し合いました。このグループワークの目的は「院内で情報共有を図り、統一した動物看護援助を提供するには?」「みなさんの悩みを解決できるか?」というところでした。
相談事も含めて、会話がほとんど途切れることなく、笑顔でお話しする皆さんの横顔が印象的でした。
実施後アンケートにも「楽しかった」とご感想をいただき、運営者として感激でした。

会長も参加しました

◆第3部:報告会「愛玩動物看護師法について」

当協会会長 横田 淳子より、愛玩動物看護師法成立までの経緯、法整備によって動物看護師の業務にもたらされる影響、国家試験に向けて示されているロードマップ等について説明を行いました。
参加者から複数の質問が挙がり、それぞれについて回答いたしました。国家試験受験資格や施行日など、これから明確になっていく部分が多いため、現時点での情報提示という形にはなりましたが概ねみなさんにご理解いただいたと感じました。

 

動物看護師として日々の業務に追われ、なかなか遠隔地のセミナー等へ出かけていけない地域のみなさんへも
交流の輪を広げたい!今回の鹿児島セミナーはきっかけづくりとしてたいへん有意義でした。

今度はどこへ?みなさんからのご希望を受け付けます!

ここで参加者からのお声をご紹介します。

~参加者の声~

◆今年12月から復職します。長くブランクがありますので勘を取り戻すために今回参加しました。
愛玩動物看護師法についても興味がありました。20年以上前から国家資格になるといわれていたのでやっと通ったかと思いました。今後を見守りたいです。

◆大変勉強になりました。院に持ち帰りしっかり伝えたいと思います。

◆今年3月に卒業したばかりですが参加してよかったです。とても勉強になりました。糖尿病の子が今通院しているので、今回のセミナーで学んだことを役立てたいと思います。看護計画も他の方から話を聞いて書くことができました。
先生たちのお話はとてもためになりました。愛玩動物看護師国家試験、今から勉強していきます。

 

参加された皆さま本当にありがとうございました!
また、まだ参加したことない皆さまも
次回お会いできるのを楽しみにしています!

 


↑ページの先頭へ戻る